オリジナル恋愛小説サイト 純愛ジュール のブログ
更新状況、コメント返信、小説雑記など発信中 *ネタバレ注意

Girlyな大人の甘い夢と文学の融合
。.・゚☆Y⌒ 躰を繋ぐ=心を繋ぐ...それもアイの伝え方 ⌒Y☆゚・.。   

Candied Poison -砂糖漬けの毒-

2019年04月28日

個人販売電子書籍【Sugarcoat-シュガーコート-】全7巻Kindle配信

【Sugarcoat-シュガーコート-】電子書籍化全7巻販売中

有料コンテンツ案内板

ファーストステップ全1巻99円
セカンドステップ全3巻
ひらめきセカンドステップの3巻(2nd-3)のみ税込み432円、ほか99円
セカンドステップ全3巻
ひらめきラストステップの3巻(last-3)のみ税込み432円、ほか99円

演劇2ndStepの3巻にて販売限定extra2作15000字収録
*1作目…第8話のサイドシーン
【恋は早い者勝ち-first come, first served-】千里視点
*2作目…第10話後、拓斗たちのすむマンションでのクリスマス会シーン
【信頼の証し-answer-】戒斗視点
演劇LastStepの3巻にて販売限定extra2作20000字収録
*1作目…エピローグからおよそ1年9カ月後
【Gorgeousオンパレード】大学の卒業式の日の物語
*2作目…エピローグからおよそ2年7カ月後
【twin-come along】有吏本家にて新たなる対面シーン



  
  


表紙イラスト:栄条ルル様
sugar1st.jpg
sugar2nd.jpg
sugarlast.jpg

ひらめき先行でkindleのみ販売していますが、楽天kobo、BOOK☆WALKERでの販売を順次行います。
ほか、同人誌としても準備中です。
また、サイトの掲載はこれまでのようにキーワード入室制とはせず、このまま閲覧可能とします。
校正は連載時のまま凍結。

かわいい概要

6年前、ある出来事をきっかけにして近づいた、幼い八掟叶多と高校生だった有吏戒斗。
普通の家庭だと思っていた八掟家は、実は裏の裏社会を生きる特殊万世一系の長、有吏家の分家であり、一族は世間から実態を隠しつつ、古来、人知れず暗躍してきたという。

そうして5年前―
おれがやるべきことを見つけられて、それまでおまえの気持ちが変わらなかったら迎えにいってやる。
そう言って叶多の前から姿を消した戒斗は、メジャーバンドFATEのベーシスト『戒』としてテレビの中に現れた。
やりたいことを見つけたのに迎えにきてくれない。それなら会いにいく。

成長したふたりの恋は障害物だらけのステップbyステップ。
もしかしたら最強かもしれないキュートな女子と完全無欠なミスターの、甘ったるくヘンタイぽく、けれどシリアスで強引な微ハードボイルド溺恋物語。


ー(長音記号2)修正などの対応は即できますので、何か気づいた点があれば知らせていただけると助かります。
posted by 奏井れゆな at 21:27| Comment(0) | BOOK&シナリオ

2019年04月10日

パブー購入の方へ重要告知★必読★パブー閉店に伴い電子書籍の個人販売終了

2019年9月30日パブー閉店

電子書籍作成販売サイトパブーについて、9月30日に閉店という告知がありました。
(ダウンロードなどの猶予期間として同年11月30日まではログイン可能)

詳しいお知らせはこちらへ⇒【重要】パブー閉店のお知らせ

純愛ジュールの電子書籍につきまして、こちらでもたくさんのご購入をいただいておりました。
お手数ですが、ダウンロードをなされていない方はどうぞ手続きをよろしくお願い致します。


*ダウンロード方法(電子書籍各表紙画面にて操作)
★パソコンの場合…「ファイルをダウンロードする」を選択⇒ファイルの種類を選択

★AmazonKindleアプリへのメール転送について
こちらで試行してみたところ、パブ―から送信をしてもファイル形式が合わず、Kindleでの受信ができませんでした。
パソコンへPDF形式でダウンロードし、それをKindleにメール送信はできます。が、横書きPDFのままであり、文字サイズが調整できないため、タブレットでは読めるかもしれませんが、スマホではかなり読みにくいです。
この点、こちらでは対処できずに申し訳ないです。

次項有念のため…Kindleアプリ専用の自分のアドレスの確認の仕方

パソコン:Amazonサイト「コンテンツと端末の管理」の画面で端末を選択してメール確認可能
(Kindleアプリ…「設定」でメール確認可能)

なお、メールを受信するには迷惑メール防止のため、受信していいアドレスを事前登録する必要があります。

「コンテンツと端末の管理」⇒「設定」⇒下部「パーソナルドキュメント設定」⇒「承認済みメールアドレスの追加」にて自分のメールアドレスを登録

以上の流れですが、無料アプリにおいて直接この設定はできません。
Amazonショッピングアプリの「アカウントサービス」から入れば上記と同じ手順で設定できます。


かわいいパブーについては、運営先が変わったときからアクションが途切れてしまっていたのでいつか終わるかもしれないとは思っていましたが…
ちなみに運営先は電子書籍販売サイトhontoをやっている会社だと思います。
パブーは最初に販売を始めたところですが、ネット環境は本当に数年後はわからないなと思った次第。

純愛ジュールの方針としては、電子書籍はKindleをメインにやっていくつもりです。
パブーさんのみで購入されていた場合、Kindleへの移行をご検討いただけたら幸いです。
posted by 奏井れゆな at 21:00| Comment(0) | サイト運営news

2019年01月01日

年始のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2019年、平成時代も残り4カ月、新年の幕開けはいかがおすごしでしょうか。
皆様にとって健やかに、良き年となりますようにお祈り申し上げます。

2018年は、物書きに関しては後半かなり失速した年^^;
comicoの応募にて【ウィル愛】が採用、公式掲載となるにあたり、本格的編集作業で思いのほか神経を使っていたかもしれず、その後はゆるゆるな更新になりました。
とりあえず1作限りとはいえ、やっと自称ではなく公式「作家」と言えるようになってちょっと燃え尽き症候群の最中なのかも(笑)
ただし、ペースは落ちていても完全に物書きをやめることはまだ考えていません。

年内完結という目標は達成できませんでしたが、異世界トリップ【皇子は愛を秘匿できない】はひとまずスタート。
第3章を更新中で、流れはまったりに見えると思いますがポツポツとイベントに向かって布石を打ってます。
今からコロコロと動いていくはず。

もう一つ、【オフリミット】は早速、本日更新しましたが、あと1〜2節で高校生編が完結します。
R18になるのはこれから…というところですが、こちらは第7話を書くまでにしばらく時間をおきます。

そのかわりといってはなんですが、2月の賞レースに向けて1月のうちに新連載をスタートする予定です。
フライング予告はしていましたが、概要は以下の通り。


ひらめき新作予告
【非情な上司は満点夫につき警戒中〜結婚は誤算だらけ〜】

概要:
大卒後、第一志望したTDブローカーに勤めて2年目、碓井深津紀(うすいみつき)がこの会社を熱望したのはキャリアを積むためだ。
けれど一度きりの人生、それだけでは足りない。
子供が欲しいし、必要なのはちゃんとした結婚相手。
Win-Winであれば受けてくれるはず。
ターゲットは容赦ない営業の達人、城藤隆州(しろふじたかくに)30歳。
不躾なプロポーズに、隆州は意外にも受けて立った。
ビジネスライクな結婚はけれど、隆州の良夫ぶりに誤算が生じて…

キーワード:
オフィスラブ、結婚、子作り、プロポーズ、年の差、あまあま、らぶえっち、キュート


今年の新作はこれと、もう一作【猫を飼う人】を文学寄りで書く予定。
【皇子は愛を秘匿できない】を完結させることも目標。
【オフリミット】はぼちぼちと。
あとは、電子書籍化と同人誌化をやりたいと思います。


末尾になりますが、いつも純愛ジュールにお越しいただき、ありがとうございます。
引き続きご好読いただければ幸いです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Reyuna深謝
posted by 奏井れゆな at 19:29| Comment(0) | 進捗お知らせ

2018年11月23日

【淫堕するフィクサー〜男妾に焦がされて〜】あとがき

【淫堕するフィクサー〜男妾に焦がされて〜】完結

fixer表紙.jpg
Illustration:水城るり様

モバイル向け
アルファポリス投稿
エブリスタ投稿

連載期間2017.10/16〜2018.5/7、およそ7カ月、153000字で完結しました。

ボーイズラブは初挑戦。
ハードル高めに感じていましたが、純愛ジュールのストーリーの性質上、日頃より男同士の会話はわりと多めで好きなので、いざ書き始めるとボーイズラブだからという苦労はありませんでした。

書くに当たっては、書き方も含めてBL小説をいくつか読みました。
ほとんどはおそらく攻めと受けがくっきり、なお且つ、ウケのほうは体は男だけども中身は女といって差し支えない感じ。おおよそが攻め手に守られていて、ちょっと男同士という点で私が思う萌えとは違っていました。
…と言ってしまう時点で、BLと私のスタンスは合ってないのかもしれません^^;

なるべくウケである颯天もウケでありながら男っぽく――というよりは自己主張できる少年ぽく書いたつもりです。
そういった気持ちがあったゆえに、epilogueのシーンありきでスタートしました。

物語の背景については、純愛ジュールではありがちな裏社会&裏の裏社会。
やっぱり好きです。陰の立て役者(*"ー"*)

人間関係の若干の複雑さもありましたが、ついてこられたでしょうか。
また、サイドストーリーがいつでも書けるように、物語にはまったく差し障りなく伏線じみた部分も含んでいますが、そこで颯天と祐仁が活躍してくれる日がいつかくる…かな?

来年中の電書販売なども考えています。

いまさらのあとがきですが、楽しんでいただけたのなら幸いです。
お付き合いありがとうございました。

Reyuna 深謝
posted by 奏井れゆな at 15:28| Comment(0) | 作品の裏話

2018年11月13日

2018.11/8メッセンジャー返信

小波さま

【Sugarcoat】電子書籍版へのコメントを受けとりました。

小波さん、早速のご購入をありがとうございます。
限定extraを読んでいただけたようですね!

まずは、千里への戒斗の本音。
普段は完全無欠に見えがちですが、子供時代は皆に平等にあるわけで、その頃の葛藤といいますか、そんなものが書けたらなと思って仕上がりました。
そして、有吏兄弟妹がそろったクリスマス会。
私はピザ配達よりも、那桜になりたいっていつも思ってますが(笑)

2ndステップまではわりとギュウギュウ詰めで余すところなく書いたつもりだったので、extraは何を書こうかまったくつかめなかったんですよ。
そんなときに小波さんからコメントいただいて、そこあったか!って気づいた次第でした。本当に感謝です!
なので、小波さんの読みたかった部分が読めて〜というのは当然のことだったかも(笑)

日々、ストレスはありますし、物語がちょっと楽しめてラクになる時間になれば幸いですよ。

小波さん、いつもコメントまでありがとうございます。
LastStepも楽しんでいただけるように頑張りますね!

Reyuna深謝
posted by 奏井れゆな at 12:17| Comment(0) | コメントreport