オリジナル恋愛小説サイト 純愛ジュール のブログ
更新状況、コメント返信、小説雑記など発信中 *ネタバレ注意

Girlyな大人の甘い夢と文学の融合
。.・゚☆Y⌒ 躰を繋ぐ=心を繋ぐ...それもアイの伝え方 ⌒Y☆゚・.。   

Candied Poison -砂糖漬けの毒-

2018年11月23日

【淫堕するフィクサー〜男妾に焦がされて〜】あとがき

【淫堕するフィクサー〜男妾に焦がされて〜】完結

fixer表紙.jpg
Illustration:水城るり様

モバイル向け
アルファポリス投稿
エブリスタ投稿

連載期間2017.10/16〜2018.5/7、およそ7カ月、153000字で完結しました。

ボーイズラブは初挑戦。
ハードル高めに感じていましたが、純愛ジュールのストーリーの性質上、日頃より男同士の会話はわりと多めで好きなので、いざ書き始めるとボーイズラブだからという苦労はありませんでした。

書くに当たっては、書き方も含めてBL小説をいくつか読みました。
ほとんどはおそらく攻めと受けがくっきり、なお且つ、ウケのほうは体は男だけども中身は女といって差し支えない感じ。おおよそが攻め手に守られていて、ちょっと男同士という点で私が思う萌えとは違っていました。
…と言ってしまう時点で、BLと私のスタンスは合ってないのかもしれません^^;

なるべくウケである颯天もウケでありながら男っぽく――というよりは自己主張できる少年ぽく書いたつもりです。
そういった気持ちがあったゆえに、epilogueのシーンありきでスタートしました。

物語の背景については、純愛ジュールではありがちな裏社会&裏の裏社会。
やっぱり好きです。陰の立て役者(*"ー"*)

人間関係の若干の複雑さもありましたが、ついてこられたでしょうか。
また、サイドストーリーがいつでも書けるように、物語にはまったく差し障りなく伏線じみた部分も含んでいますが、そこで颯天と祐仁が活躍してくれる日がいつかくる…かな?

来年中の電書販売なども考えています。

いまさらのあとがきですが、楽しんでいただけたのなら幸いです。
お付き合いありがとうございました。

Reyuna 深謝
posted by 奏井れゆな at 15:28| Comment(0) | 作品の裏話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: