オリジナル恋愛小説サイト 純愛ジュール のブログ
更新状況、コメント返信、小説雑記など発信中 *ネタバレ注意

Girlyな大人の甘い夢と文学の融合
。.・゚☆Y⌒ 躰を繋ぐ=心を繋ぐ...それもアイの伝え方 ⌒Y☆゚・.。   

Candied Poison -砂糖漬けの毒-

2018年04月08日

【不惑の男は淫らに甘く】あとがき

【不惑の男は淫らに甘く】完結



モバイル向け
アルファポリス投稿
エブリスタ投稿R15版

連載期間2017.11/19〜2018.4/5、4カ月半、およそ160000字で完結しました。

やくざものは1回きりと思って愛魂(3つのパターンあり)を渾身の力を振り絞り書きましたが(笑)
ライトなストーリーとワルな男を書きたくて再度挑戦。
いくつかのパーツはあったんですが、組み合わせたら結局ストーリーは当初思っていたのとは違った展開に。
もとのストーリーはまた別の機会に中編あたりで書くかもしれません。
それはさておき。

今回はやくざでもインテリ系の組織。
リアルに今は、取り締まりが厳格化したのか資金源が厳しいとか耳にしますが、やくざの世界も頭脳戦という転機になるんでしょうか。
之史は大っぴらには書いていませんが、かなり知能の高い人です。
ゆえに普通のことに退屈して、常識を窮屈に感じてます。
自由を求めてやくざへ…というのも突飛⇒天才=変人というところ。
実際のやくざの世界は上下関係がはっきりしていて窮屈なんでしょうけれど、之史はなにぶん退屈屋さんなので、常識的には自由ななか、むしろ楽しんでいたかもしれません。

一方で世里奈は、トラブルの請負人。
二人が出会ったきっかけのおばあちゃんの一件からすれば、どうやら頼まれたら嫌と言えない性格で、それが災いしていることもあるかと思います。
そして、やくざであればいくらインテリ系でも普通は引いてしまうところ、わりとあっさり受け入れてるのはトラブル慣れしているせいかもしれず。
浜崎と朝香に襲われたことも、別れを告げられたショックとトラブル慣れのせいであとを引きずらないという清々しさは世里奈ならでは。

世里奈にとって之史はトラブルを跳ね返す盾であり、之史にとって世里奈は彼自身が云っていたように試練、つまり人生の楽しみです。
いいコンビ(´艸`)

物語の中で書かなかったことの補足をすれば。
吉開コンサルはあくまで組員の一部がやっていることであり、やくざとしての事務所は別の場所にあります。
之史の情報源、並びに人脈は作中に少し書いてますが、なんといっても出身大学つながりで、国の要人も数知れず。このために中途退学ではなく卒業したらしいです。笑

エピローグを書きながら、之史の実家に行く話を思いつきつつ、まあどんな形かは未定ですが、extraもどこかでお披露目できたらと思います。

他作と並行連載で完結までに時間がかかりましたが、楽しんでいただけたのなら幸いです。
お付き合いありがとうございました。

Reyuna 深謝
posted by 奏井れゆな at 12:00| Comment(0) | 作品の裏話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: